Unity3DとUnity2D、どちらが脱出ゲーム制作に適しているか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近AppstoreやGooglePlayのランキングでよくみる脱出ゲームですが、Unityで制作する際には2つの選択肢があります。それはリアルタイム3Dで作るかプリレンダリングの2Dで作るかということです。

スポンサーリンク

まずリアルタイム3Dのワークフローについてですが

shade,blenderなどの3Dモデリングソフトを使って部屋の内装、仕掛けなどをモデリング

Unity3Dにてプログラミング

 

一方でプリレンダリングの2Dで作る場合は

shade,blenderなどの3Dモデリングソフトを使って部屋の内装、仕掛けなどをモデリング

3Dモデリングソフト上で、ゲームで使う全てのシーンをレンダリング

Unity2Dにてプログラミング

このように、3Dに比べるとレンダリングの手間がかかります。ここで2つの方法についていくつかの観点から比較して見たいと思います。

 

画面の綺麗さ

2Dの方が事前に時間をかけて画面を描画できるため、綺麗な絵を出しやすいと思います。一方3Dで綺麗な絵を出したい場合は今のスマートフォンのスペックだとかなりパフォーマンスに気を配る必要があります。

操作の快適性

前述のように3Dで綺麗な絵を出そうとすると動作が重くなってしまいがちですので、2Dの方が良くなることが多いです。また、3Dはバッテリーの消費も大きくなります。

仕掛け(謎解き)の多様性

これは一般的には3Dの方が実現しやすいと思います。2Dでは基本的には事前にレンダリングした画像を組み合わせることでしか仕掛けを作れませんが、3Dではリアルタイムに描画を行うため物理演算やアニメーションを用いて斬新な謎を作ることができます。

制作の効率

前述のワークフローをご覧いただけば分かる通り2Dの方はレンダリングの手間がかかります。1つの脱出ゲームを作るのにはかなりの枚数をレンダリングしなければいけないため、2Dで一番時間がかる工程かもしれません。一方で3Dはその手間がない代わりに、クオリティーをあげようと思うといかに動作を最適化するか苦心することになります。そのため一概にどちらが楽とは言えないかなと思います。

 

このように見ていくと、やはり基本的には2Dの方が脱出ゲーム制作には適しているかと思われます。(実際今の所ランキングに上がる脱出ゲームのほとんどが2Dです)ただ、私は将来的に3Dで他のゲームも作りたいと思っているため、3Dで脱出ゲームを制作しています。もし3Dでどのような脱出ゲームが作れるか興味がある方は、ぜひ遊んで見てください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*